What’s Chibikkome? ちびっこめとは?

ちびっこめは、赤ちゃんが産まれた時と同じ重さで
新潟のおいしいお米を贈る、内祝いギフトです。

赤ちゃんがこの世に生まれてきた時の重さは、その瞬間だけのもの。
小さくてあったかくて、まっかな顔で一生懸命に泣く赤ちゃんを
こわれてしまわないように、そっとそっとこの手に抱いた
何にもかえがたいあの幸せな気持ちを、大切な人と分かち合いたい。
「ちびっこめ」はそんな想いを、おいしいお米とともにお届けします。

ちびっこめパッケージ

Product content こんなものが入ってる!

ちびっこめオリジナル「ごあいさつカード」

1 赤ちゃんのお名前と
出生時の体重、身長を書いた
ちびっこめオリジナル「ごあいさつカード」
を添えてお届けします。

お名前はわが子に贈る、はじめてのギフトです。
ご両親の想いが込められたお名前を、大切な人たちにご紹介するために
お米の袋とは別に「ごあいさつカード」としてご用意しました。
はがきサイズの「ごあいさつカード」はギフトボックスのフタの内側にペタリ。
開けるとすぐに赤ちゃんのお名前が目に入るようにしました。

オリジナルデザインの大判手拭い

2 10cm刻みの目盛りがついた、
オリジナルデザインの大判手拭いつき!

“受け取った方に赤ちゃんの大きさをパッと伝えられたらいいよね”
“お米を美味しく味わってもらった後も、なにか記念に残せないかな”
そんなひらめきから生まれたのが10cm刻みの目盛りがついた
ちびっこめオリジナルデザインの手ぬぐいです。
手ぬぐいは色んな場面でお使いいただけるように大判サイズのものを。
たとえば2つに折りたたんで、お弁当包みやランチョンマットに。
ながーく広げてテーブルランナーにも。
はたまた目盛りに合わせてカットしてディッシュクロスや台拭きにも。
“昔ながらの手ぬぐい”は吸水性に優れているのでキッチンや洗面所、
お風呂場など様々な場所で活躍してくれます。

日常で、ちょっこり顔を出して赤ちゃんを思い出させてくれる
ちびっこめと仲間たちのイラストもお楽しみいただけたら嬉しいです。

名刺サイズの「のしカード」

3 こだわったのは、かわいらしさ。
名刺サイズの「のしカード」は、
ご希望に合わせてご用意します。

内祝いにかかせない「のし」を、
思い切ってかわいらしい名刺サイズまで小さくしてみました。
お米の袋にちょこんと結べば、まるで荷物タグのようなほっこり感。
「のしカード」の表面には《内祝》の文字とオリジナルキャラクターたちが、
裏面にはお礼のメッセージとともにちびっこめの両親
“パパっこめ&ママっこめ”のイラストが描かれています。
色合いは、キャラクターがたくさん描かれていても子供っぽくならないように
落ち着いたトーンに仕上げました。
「のしカード」は、ご注文時のご希望に合わせてご用意します。

Clich here for Buy! 購入はこちらから!
  • 新潟直送計画
  • Rakuten
  • YAHOO!ショッピング

Our favorites こだわりポイント

Point 01

目指したのは“お母さんが本当に贈りたい内祝いギフト”。
新潟のおいしいものを全国へお届けする通販サイト『新潟直送計画』のメンバーが、
お客さまの声と生産者さまの声をもとに企画しました。

「産後の余裕がない時に写真データのやりとりは面倒だよね・・・」
「体重米はいいけど、顔写真はちょっとやり過ぎ感があると思う」
「米袋に名前と顔写真がプリントされてると、正直もらった方が困りそう。」
「米俵とか、見た目はいいけど開けるタイミングが難しそう。」
「誰が受け取っても好感が持てるデザインはないのかな。」

こんなお客さまの“ホンネ”に耳をかたむけながら、企画会議を重ねてきました。
その中で生まれたのが“ちびっこめ”というオリジナルキャラクター。
お米どころ新潟で、愛情たっぷり栄養たっぷりに育ったおコメの赤ちゃん“ちびっこめ”と、
その愉快な仲間たちが、お祝いシーンで皆さまを
「ほっこり、にっこり」にするお手伝いができたらこれほど嬉しいことはありません。

『新潟直送計画』“ちびっこめンバー”より。

ちびっこメンバー
ちゃワン
Point 02

お米は2品種から選べます!王道「コシヒカリ」と、
2017年秋新発売「新之助」を食べ比べて
美味しさや味の差を確かめてみました。

中身のお米は、新潟県民の王道「コシヒカリ」と
7年かけて研究開発された注目の新ブランド「新之助」の2品種からお選びいただけます。
実は新之助の販売は今年から始まったばかり。
市場に出て間もない「新之助」を、味わったことがない方にもお選びいただきやすいように、
『新潟直送計画』の“ちびっこメンバー”がコシヒカリと新之助を食べ比べてみました。
このように実際に食べ比べをしてから“選べる楽しみ”を企画に盛り込んだ点も私達のこだわりのひとつです。
お選びいただく際のヒントにしてみてくださいね。

王道!コシヒカリを実食

王道!コシヒカリを実食
  • 炊きあがりツヤツヤ
  • 新之助よりもしっかりとした香り
  • 粘り気が強く噛むほど甘みとコクが増す
  • ご飯だけでも満足できるほどの食べごたえ

新ブランド!新之助を実食

新ブランド!新之助を実食
  • こちらも炊きあがりツヤツヤ
  • ほんのりとクセのない香り
  • 大粒で粒ぞろいが良い
  • 冷めても美味しく硬くなりにくい
  • 雑味がなくおかずに合いそうな味
シャモさん
王道「コシヒカリ」と、2017年秋新発売「新之助」を食べ比べ
Point 03

素朴なクラフト紙と相性の良いシルクスクリーン印刷で
職人が一枚一枚ていねいに手摺りした、
こだわりのオリジナルパッケージ。

素朴であたたかみのあるクラフト紙の上に、
愉快なキャラクターたちをどのように乗せたら引き立つだろうか“

そこで選んだのがクラフト紙と好相性な「シルクスクリーン印刷」です。
ちょっぴり手間がかかる作業ですが、
職人さんが一枚一枚ていねいに手摺りしてくれることになりました。
今回、こころよく引き受けてくれたのは新潟県長岡市にある
(有)カンダプロセスの小見社長。
企画のコンセプトや想いをじっくりヒアリングしていただいて、

“デザインデータをこうしてくれたら、
ちびっこめの表情がもっとよく表現できるよ!”

と、まるで“ちびっこめンバー”さながらの情熱で取り組んでくださりました。
このみんなのこだわりが詰まった、ちびっこめの内祝いギフトが
皆さまのお手元に届くことを思うと、今からとてもワクワクするのです。

こだわりのオリジナルパッケージ
Clich here for Buy! 購入はこちらから!
  • 新潟直送計画
  • Rakuten
  • YAHOO!ショッピング

Chibikkome family ちびっこめファミリー

  • パパっこめ

    パパっこめ

    ちびっこめのパパ米。ロマンチックで涙もろい。少し粘着質。柄にもなく昭和の親父に憧れて、なんとなく「ちゃぶ台ペット おちゃブー」をひっくり返してみたら裏側に妻・ママっこめのへそくりを発見。そこに自分のポケットマネーを加えてこっそり増やしてあげるミステリアスな愛情表現をする。それが伝わっていないことが多い。流行りの微発泡の日本酒とおモチが好き。

  • ちびっこめ

    ちびっこめ

    2017年10月生まれの新米!
    もっちり元気なおコメの赤ちゃん。お米どころ新潟県でのびのびスクスク育ち、ママっこめこだわりの精米機で愛情コメて生まれてきたよ!人前にでるとちょっぴり緊張しちゃうけど、好奇心旺盛で人なつっこい“ちびっこめ”。どうぞよろしくね!

  • ママっこめ

    ママっこめ

    ちびっこめのママ米。しっかりものだけど忘れっぽい。後味スッキリな性格。朝晩欠かさず美白化粧水を叩き込んでいたが、ある朝「すでに白い」ことに気がつく。お米だから。(でもとりあえず残りを使う→忘れてまた買う→ループ)夫・パパっこめに「4Kテレビにも耐えうる美肌」と褒めてもらうが、あまりピンときていない。「それよりも4Kテレビとやらが欲しい」と返答するボーナス前。こだわりの自宅(出産)精米でちびっこめを出産。(※このあたりの設定は深く追求してはならない世界)おこげあんかけが好き。

  • ちゃワン

    ちゃワン

    ちびっこめ家の「お茶碗ペット」であり、遊び相手。ちびっこめが眠くてぐずり始めると、茶碗のところにのせてウロウロ散歩して寝かしつけてくれるなど、ママっこめの良き助っ人。ママっこめからは「パパよりちゃワン!」と絶大な信頼を得ている。茶碗が割れたら最後(ただの犬になる)なのであまり無茶な動きはしない慎重派。ポン菓子が大好き。

  • シャモさん

    シャモさん

    ちびっこめの世話役であり遊び相手。「お茶碗ペット ちゃワン」とともにいつもちびっこめのそばで成長を見守るサクラの木のしゃもじ。ご飯をよそうときに、くっついたご飯粒を茶碗にこすりつけられるのは、実は嫌いじゃない。ライバルは「ごはんがくっつかない!」がウリのプラ製しゃもじ。新潟のカレー味のなんやかんやが好き。(※新潟県民はカレー味が大好きで、なんでもカレー味にしてしまう。)

  • おちゃブー

    おちゃブー

    ちびっこめ家の「ちゃぶ台ペット」。実は無垢の一枚板なのに誰もその価値に気がついていない。本人も気がついていない。裏側にママっこめのへそくりがくっついているが、パパっこめにバレていて増額されている。もはや普通のタンス貯金ならぬ“ちゃぶ台貯金”になっている。「だったらブタの貯金箱にでもなろうかしら」と思うこともあるが、みんなが自分を囲むにぎやかなひとときが幸せでちゃぶ台をやめられない。しっぽでスマホを充電できる。

Talking with Chibikkome ちびっこめと触れ合う

日々のちびっこめの様子や、レビューを送ってくれた皆さんの様子など
SNSで随時更新中!

Instagram

ハッシュタグ #ちびっこめ をつけて投稿しよう!

INSTAGRAMで見る

Contact お問い合わせ

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
連絡先電話番号
お問い合わせ内容(必須)

Clich here for Buy! 購入はこちらから!
  • 新潟直送計画
  • Rakuten
  • YAHOO!ショッピング